コラム

認知症について ~2~

2022/06/16

『ここはーと楠』より、認知症について、情報を発信します。

認知症とは…

老いにともなう病気の一つです。

さまざまな原因で脳の細胞が死ぬ、または働きが悪くなることによって、

記憶・判断力の障害などが起こり、意識障害はないものの

社会生活や対人関係に支障が出ている状態を言います。

年齢を重ねれば誰でも、思い出したいことがすぐに思い出せなかったり、

新しいことを覚えることが困難になったりしますが、

『認知症』は、このような『加齢によるもの忘れ』とは違います。

例えば…

体験したこと自体を忘れてしまったりする場合は、認知症の可能性があります。

                  

認知症の種類

1.アルツハイマー型認知症

最も多い認知症です。記憶障害(もの忘れ)から始まる場合が多く、

他の症状としては、段取りが立てられない、気候に合った服が選べない、

薬の管理ができないなどあります。

2.脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血、脳動脈硬化などによって、一部の神経細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、

神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れたりする。

記憶障害や言語障害などが現れやすく、

アルツハイマー型と比べて、早いうちから歩行障害も出やすいです。

3.レビー小体型認知症

幻視や筋肉のこわばり(パーキンソン病)などが特徴です。

倒れやすかったり、眠っている間に大声で叫んだり、

理由もなく気分がふさいでしまうこともあります。

4.前頭側頭型認知症

会話中に突然立ち去る、万引きをする、同じ行為を繰り返すなど

性格変化と社交性の欠如が現れやすいです。

                                    

遺伝によりケースは稀であり、さらに働き盛りの世代でも発症する恐れもあることから

認知症は誰にでも起こりうる病気と言えます。

アーカイブ

2022年
2022年6月
2022年5月
2022年4月
PAGE TOP